今日は七夕ですね。
私は”あまの”という姓なので、子供の頃から七夕が大好きです。
七夕は梅雨期にあるので雨や曇りのことが多いのですが、今日の徳島はいい天気です。

「七夕」と書いて「たなばた」と読むのが一般的ですが、何故たなばたと読むのでしょう?
そうです「しちせき」とも読むのですね。

この「しちせき」は五節句のうちの一つで、7月7日は「しちせき」の節句です。
元は「乞巧奠(きこうでん)」と言われ、宮中などの年中行事とされていて、
女性の裁縫や織物の上達を祈るものでした。


この「乞巧奠(きこうでん)」は、中国から伝わった行事で、女性たちが針に五色の糸を通し裁縫の上達を願うという行事ですが、日本には元々「棚機津女(たなばたつめ)信仰」という、古来巫女を村から一人だけ選び、機屋で神が来るのを待ったという事柄があり、「七夕」はこの「乞巧奠(きこうでん)」と「棚機津女(たなばたつめ)信仰」の二つが複雑に重なっています。

「七夕」を「たなばた」と読むのは日本の棚機津女からきていて、大元の五節句や五色などの考え方は中国から伝わったものなのでしょう。

 「五色の短冊」を使うようになったのは、江戸時代に寺子屋の子供たちが習字の上達を願って決意表明したことが始まりだと伝えられています。
そのため、短冊に書く内容とは本来、他力本願な願い事ではなく、「これから自分はこういう頑張りをしていきますよ。だからお星さま見ていてくださいね。」という「自分の決意をお天道様に誓う」という意味合いが強いのだと思います。

七夕の由来についてちょっと知ったうえで7月7日を過ごせば、いつもと違った奥深さを感じられるかもしれません。そして、ご家族で短冊に願い事を書いて、今年も楽しい七夕を過ごしてください。