logo

音楽活動


天野久光がエントリーしておりますギターソロコンテストの投票が昨日終了しました。
皆様の応援、本当にありがとうございました。
投票順位が決定、お陰様で一位通過することができました。

12月初旬に東京でギターバトル決勝戦が開催されます。
10位入賞者本人への出場意志確認のあと、ファイナリストが決定するようです。

最終一週間は、本当に熾烈な投票争いでした。
長く続いたKa2ya.Kくんと久光の一位争いに、圏外から”瞬次郎くん”が割り込んできたのが、
先週末のことでした。毎晩決まった時間に50票瞬殺投票というマジック。。。

久光とKa2ya.Kくんは、平均して一日に20票前後の投票でバトルしていたので、
どないなっとんねん?とビックリ仰天いたしました。
24時間こつこつと票を重ねても、22時すぎ瞬時に50票投票されるのですからどうしようもない。
追い抜かれても必死で追い続けたのは我々久光軍団で、Ka2ya.K軍団はついて来ませんでした。
Twitterで出場宣言後”大量投票が可能な”Sakiちゃんも当確を決めたらスローペ―スに戻りました。
Sakiちゃんは今年の8月にメジャーデビューを果たしているので、一位通過の必要もないのかもしれませんね。
久光軍団は、ここまで来たら一位通過したいと思いました。
一位にこだわったので、最終一週間は苦しい戦いとなりました。
最終日前日の23時頃、もうあかんと思いました。
久光も「こりゃ負けるなあ。」って言っておりました。

奇跡が起きたのは、最終日0時からの24時間でした。
最終日、応援団の皆様に拡散していただいた花が一気に開きました。

舜次郎くん一家にはわれわれ久光軍団の”こつこつ投票”の動きはわかる訳ですから、
舜次郎くん一家が、22時すぎに一斉に60票を投じる前に手をうって投票したら負けると思いました。
最終日0時の舜次郎くんの投票が2104票、久光が2080票でした。
ということは、舜次郎くんの最終投票は最低2164票になると思いました。
久光は「24時間で100票」というありえない数字を確保しないと勝つ可能性はないということです。
どう考えても100票は可能な数字とは思えませんでした。
でも舜次郎くん一家は、最終日0時~22時過ぎまで全く動きませんでした。
相当無理をしていたのでしょう。

今でも、私にはどうして最終日の24時間に118票も集まったのかわかりません。
友達が広げてくれて、友達の友達が最終日に投票してくれたという事だけは確かです。

最終日の24時過ぎ、「投票は終了しました」という投票サイトの表示を見たときに涙しました。
本当に多くの方に応援していただいたという事に感動しました。
一位にこだわらなければ、最終日の奇跡をみることもなかったと思います。

応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。
あとは久光がファイナルステージでどう戦うかです!
応援よろしくお願いします!!!

投票順位と(YouTube再生回数)は以下の通りです。

1位 天野久光 2198票(3461回) 2位舜次郎 2167票(752回)
3位 Ka2ya.K 1984票(1988回) 4位 Shogo 1932票(982回)
5位 Saki 1669票(3158回)  6位 yuta suda1570票(1821回)
7位 ウッチー 1538票(1136回) 8位 ナガトメマサヒロ 1460票(1999回)
9位 そう 1446票(1455回) 10位  takubon 1401票(883回)
11位 yuta1785 1381票(1381回)12位 手島聡 1324票(1262回)

2014.11.1

201411研修会

tomapo


TOMAPOのデヴューライヴが、2009年5月24日の西荻窪Bin Sparkでした。
↑↑↑そしてこの怪しい写真↑↑↑
結成2回目のライヴで、2009年7月20日の横浜開港150周年記念イベントに出演したときのものです!
真夏の野外で”しかも2ステージ”、アフロが暑かったことだけ鮮明に記憶しております。

TOMAPO結成は2008年でしたが、ライヴデヴューした時は天野久光が在籍しておりました。
久光、とても10代とは思えません(笑)

2010年2月にスタートした荻窪研修会も、記念すべき10回目になります!!

おまけ↓
TOMAPOI

久光$チョン


2014.10.11






FACEBOOKからのリンクです↓


10月4日、クロウダディでライブ。ブラコンバンドさんと対バン。
盛況でよかった。
来てくれた方々、ありがとうございます。(^▽^)/
Tomapoさんの写真
Tomapoさんの写真
  • もりりん@guitarです。
    台風前夜の夕べは、Voミホさんの大学先輩TOMAPOさんの対バンで、1年半振りのライブ(@ディープな歌舞伎町)でした(^o^)

    BCB、フルメンバーで10名のところ、今回は7名でのパフォーマンスでしたが、コンパクトにまとめて、新曲も3曲織り交ぜてのライブは、みなさんにも楽しんでいただけたようで「次もまた行くね」やら、マニアックな機材の話やらの声を、た〜くさんいただけた素敵な一夜でした!

    いらして下さったみなさま、応援して下さってるみなさま、どうもありがとうございました*\(^o^)/*
     (写真4枚)
    ブラコンバンド(bcb)さんの写真
    ブラコンバンド(bcb)さんの写真
    ブラコンバンド(bcb)さんの写真
    ブラコンバンド(bcb)さんの写真

     

kenzo 2

Kenzo 1
2014-09-28 健造さん1
2014-09-28 久光
2014-09-28 健造さん2
2014-09-28 シュガー綾子
2014-09-28 久光2

最高に楽しいJAZZライヴでした。
一曲目「So What」は久光のギターからのスタートで、
開口一番のソロをとるというサプライズスタート。
シュガー綾子さん登場で、開場は激盛り上がり!
あっという間に第一部終了。

健造さんのピアノはもちろん最高!プロデュースは流石です。
アンコールは、まさかの一青窈がカバーして話題の「他人の関係」
二部構成のステージはあっという間に幕を閉じました。

健造さんのありがたいご指名で、JAZZデヴューいたしました久光。
大御所に囲まれて珍しく緊張しておりましたが、、、
ちょこっとだけゲストのはずが、バンドメンバーの一員のごとくずっとステージにおりました。

健造さん、お疲れさまでした!
素敵なステージをありがとうございました。

2014.9.28

 

nakayama1
このところ、「中山由依のビビデバビデブー」を毎週聴いております。
きょうは、杏里特集!
毎週リクエストに応えて、弾き語りでいろんな曲にチャレンジするというとんでもないことをやっております。
本当に拍手です!!!
杏里といえば、「オリビアを聴きながら(尾崎亜美の曲)」「夏の月」「悲しみがとまらない」「CAT'S EYE」
などなど数えきれない名曲があります。

今年は杏里がセルフカバーアルバム「Surf&Tears」をリリース、最近よく聴いていたところでした。
ライヴでやってることをいかに再現するかという事に拘ってスタジオ再録音という、
打ち込みがあまり好きでない(ドラムをやってるとどうしても)私が惹かれたアルバムの一つでもあります!
「CAT'S EYE」は川口千里ちゃんのドラムソロが入っているという普通ではありえないアルバムでもあります!!!
このソロがめちゃくちゃかっけ~です!

そんな訳で、今日のタイトルが「中山由依×杏里×川口千里」ということになりました。

中山由依ちゃんのレコ発ライヴがいよいよ今週の土曜日になりました!!

*息子の天野久光がギター、徳島で一番熱いドラマー柳本啓太くん、サニーサイドでも活躍中の瀬部直之くんがベース、そしてキーボード谷口純一くんという徳島在住の若手たちがバックをつとめます!

2014.9.15